2019年10月10日木曜日

小さい男 ニセ

空と 君とのあいだには 今日も冷たい・・・・
一雨一雨ずつ深まる秋を感じる
今日この頃のニセ ガォー

本日は、街路樹の剪定に応援に行ったときに感じた
ことをブログに書こうかと思うニセ

わが社の街路樹剪定は、ジーフウさん指導の下
新人や若手がしのぎを削りあう戦場

新人がおっかなびっくりしながら
剪定する姿を見ると
゛お!がんばってるな”と思う前に

いいから早く進めろ
何そんなに考えているんだよ
いつまでかかっているんだよ

と思っているニセは、すごくすごく小さな人間
若手の成長を優しい眼差しで見つめている
ジーフウさんは上司の鏡です

小さい小さいニセに一回り大きくなれる
ビックチャンス到来
禁断のキノコを発見

食べれば大きくなり スーパーマ○オ
ならぬ  スーパーニセオ  になれるかも

食べる食べないは、あなた次第
食べたら死ぬわ!ボケ
と一人ノリ突っ込み

冗談はさておき
剪定のうまい人と未熟な人の違いは
切る枝の順番が違う気がします

うまい人は
太く大きい枝・中くらいの枝・小さな枝
の順で枝が落ちてくる

未熟な人は
小さな枝・中くらいの枝・小さな枝
の順で枝が落ちてくる
そういう傾向があるように思えます


ちなみに
わが社のタレントミブさんは

新人一年目の街路剪定で
10日でみんなのスピードに追い付き
20日でトップクラスのスピードになった
スーパーセンテイ人です

彼曰く
早い奴は最初から早いと

う~ん自分で言わなきゃ・・・・
おしまい
 

2019年10月7日月曜日

1級造園技能士 結果報告

皆様お久しぶりです。zinanbouでございます。

今回8月の下旬に行われた、1級造園技能士の結果が届いたので、
少しだけ試験の話と報告をさせていただきます。

1級造園技能士の詳細とどれだけ大変かというのは、
私の上司が先日にブログに綴ってくださったので、
そちらを閲覧ください。笑

まず、1級造園技能士の実技試験は、決まった区画の中で1つの庭を作り上げるという
文言で表すと短絡的なものに感じられますが、はっきり言って

物凄く大変でした…笑

ただ、一つの作品を汗水流して完成させる達成感と充実感は、
なかなか経験出来ることではないなと痛感しました。

実際どんなもの作ってるのかな?と思われているであろうということで、
写真を掲載しようと思います!

こちらになります・・・



いかがでしょうか!

この作品を、決まった時間の中で完成させなければならないという
過酷な試験となっております…。

確かに過酷だったのですが、私はこの試験を受けて
この作品を作り上げて、改めて実感しました。

造園職人になって本当によかった( ;∀;)

樹木、花、垣根、自然石・・・一つ一つに風情があり味がある物が、
かみ合わされる事によって織りなす一つの”庭園”が生まれる・・・

やはり造園は奥深いなと思います。

皆様も何気なくいつも見ている風景の中にある、庭というものを
いつもと違う視点で見ると、何か発見できるかもしれないですよ!



遅くなりましたが、ちなみに試験の結果は・・・



合格でした!!!(∩´∀`)∩



それではまた・・・

2019年10月3日木曜日

ミブさん名言集その3

恋にゆれる こころひとつ おまえだけを・・・
季節は秋になり 夕暮れが早くなったと思う
今日この頃のニセ ガォー

最近のニセは、個人宅の庭園工事や植栽工事
などで忙しい日々を過ごしています。

本日は、ミブさん名言集その3の話でも書こうかと
思う今日この頃のニセ

ミブさんは、真鍋造園のタレントで
スーパー センテイ人 ブルー

‟身勝手の極意”
会得できるかもしれない達人です。

そんなミブさんに剪定のやり方を聞くと
剪定をするうえで一番大事なこと

それは
花・木に愛情をそそぎ
つねに
やさしい気持ちで、大切に接してあげれば

きっと
花・木は人を裏切らない
あとは
花・木がやり方を教えてくれる

・・・・花・木が教えてくれる??
花・木に教えてもらえないニセは
まだまだなのかもしれません

剪定方法の覚え方は、一つだけではないようなの
で自分なりの覚え方を探そうと思うニセであった

最近ニセが剪定した松です
ビフォー

アフター
























日々、真鍋造園で鍛えられているニセは
名前はニセでも 技術はホンモノ

スーパーセンテイ人に一歩一歩近づいて
いるのかもしれません。

2019年9月19日木曜日

ミブさんの名言集 その2

君と夏の終わり 将来の夢 大きな・・・・
今年の夏も終わってしまったが
秋は食べ物が美味しいので
秋も好きなニセです。 ガォー

最近のニセは、個人宅の庭工事の
作業が中心の今日このごろのニセ

本日は、ミブさんの名言その2 街路樹編
のブログを書こうと思うニセ

真鍋造園タレントのミブさんは
ひと夏に街路樹を300本以上を
毎年剪定していた
スーパー センテイ人 ゴッド です。

ついたあだ名は
‟妖怪 枝降らし”

由来は
樹木に上るやいなや
すごい勢いで 枝が落ちてくるからです。

そんなミブさんに剪定のやり方を聞くと
‟剪定はリズムだ”  リズム?
歌を歌いながら作業をすれば

後は勝手に
おどりだす。 踊りだす?
そうすれば
枝は降る!  枝が降る?

後はその調子で
10本より 100本
100本より 1000本
剪定するのみ

・・・・・う~ん そういうのではなくて
普通の回答を欲しがるニセ
まだまだなのかもしれません。

最近聞いた ミブさんの鼻歌は
キマグレンのⅬifeでした。
チョット陽気な枝降らしのようです。おわり

2019年9月4日水曜日

ミブさん名言集 その1

丘を越えて行こうよ 口笛吹つ・・・
先週、浦河方面に出張に行ってきたニセです。ガォー

今回の出張は、2泊3日の日程で
ミブさんと個人宅の松を中心に庭木の剪定作業です。

今回は、真鍋造園のタレント ミブさんについて
ブログを書こうと思う今日この頃のニセ

ミブさんは、わが社でもトップクラスの剪定技術を
持つ ‟スーパー センテイ人 スリー”
いや ‟ゴッド”かもしれない男です。

そんなミブさんの名言を一つ
ミブさんに剪定のやり方を聞くと

‟考えるな!感じろ”
そして
庭全体を見て 木を見ろ
そうすれば
樹木がやり方を教えてくれる

・・・チョット何言ってんだか
でも本人は、いたって真面目なトーンなのです。
よく理解できないニセが
まだまだなのかもしれません。

そんなこんなで、ミブさんとの出張も無事終了し
帰りに、お土産につぶを
買って帰りました。

つぶは美味しかったけど、
ミブさんの話はニガかったです。
おしまい!