2020年2月17日月曜日

石組み 中編

新型コロナウィルスの影響で、マスクの在庫がなくなり
困っている方も多いかと
マスクが買えなくて
体調管理に注意している今日この頃のニセです。 ガォー

今回は、前回の庭園工事の続きを書こうと思います

真鍋専務の指揮のもと
工事も撤去・石組み・植栽と順調に進んでいく

次なる大物はコレ



このデカく重たい石たちで、何が

で・きるかな で・きるかな
はてはて ほほう~ ♪

そう、お分かりと思いますが
ご存じ 石灯篭


めちゃめちゃデカ石灯篭

普通これだけデカく
存在感があったら
目立ってしまい、庭とのバランスがとれなくなる


しかしジャンボ石灯篭の迫力に
全然負けない、日本庭園がそこにはある

石組みの滝であり流れ
立派な松や樹木
冠木門や建仁寺垣

もともとそこにあったかのように
すっぽりとそこに収まる
う~ん すばらしい

さすが専務
どこまでやっても庭には、完成ということは
ないのだなと思うニセであった

今回はこのへんで
次回も見ってね~








2020年2月14日金曜日

石組み 前編

粉雪舞う 季節は いつもすれ違い…♪
いや、ボタ雪が降る季節かな

2月の大雪と日々格闘している
今日この頃
12月・1月の雪が降らなかったのは
何だったのでしょうね


今回は、前年に行った庭園工事についてブログを
書いてみようかと思うニセです。ガォー

前年は、春から初夏まで、公共工事にて
茨戸川緑地にパークゴルフコースを
9ホール作る工事を行っていたので

民間工事は、中盤戦からの参加
公共工事の現場の後なので

やっぱり、民間工事の方が
楽しいと実感(^O^)/

決まりきったものを作るのではなく
お客様のニーズに合った良いものを作る

庭が完成し
お客様に喜んでいただけたら
そりゃ~最高ですよね

今回の現場は、豊平区のK様
庭園石組み改修工事について
作業前

建物の改修工事に伴い
庭の一部を移設する工事
石組みを外し樹木も移植する

そして外した石を
既存石組みと付け替える作業
石撤去状況

単に石と言っても、皆デカい日高石
大型クレーン車や0.7バックホーでなければ動かない
このめちゃめちゃ重い石で石組みするのは

わが社が誇る 歴戦のつわもの
”石組みのマイスター”こと
真鍋専務の出番

ただのスズメバチハンターではなく
わが社で、数々の庭園工事を行っていた職人
本職は、石組みのスペシャリストなのだ

重量物を取り扱う作業なので
安全に対し専務のが飛び交う

数々の危険な現場を体験してきた専務の言葉は
非常に重たく、説得力がある言葉
すごく緊張感のある現場に(-_-;)
石組み作業風景

専務の檄もあり
事故もなく安全に現場は進むのであった

安全ってすごく大事なことだよね!

もすごく大切なことだと思うニセであった。

次回につづく